TOP 賃貸選びのポイント

賃貸選びのポイント

地震の際の耐震が気になる賃貸物件

たとえ、暮らすのが賃貸物件であったとしても、非常に長い時間建物の中で生活する事になります。

そのため、地震が発生した場合に備えて、耐震構造であるかどうか、という事が気になるという人も多い様です。

そんな要望に答えて賃貸物件であっても、耐震対策をしっかりと行っている物件が増えています。

最近では、東日本大震災や阪神大震災などが記憶に新しく、テレビなどを見ると活断層について紹介されたりする事もあります。

災害が起きた場合の安全について関心を抱いている人が多いみたいですね。

現在でも素晴らしい技術が取り入れられている事も多い様ですが、今後のこの需要は更に高まり続ける事でしょう。

女性専門の賃貸物件を借りる

さまざまなコンセプトの賃貸物件があることを知っていますか?

賃貸の物件のなかには女性だけの入居が条件の物件があるようです。この物件の特徴としては、主に女性の一人暮らしをコンセプトとしていますので、セキュリティを重視した物件になっています。

また、女性が好む内装や水廻りなどになっています。非常に魅力的にも思える物件ではありますが、注意点があります。それは男性が禁制なことです。このことについては来客であっても、絶対なそうですのでそのようなことを考えて物件を契約した方がいいでしょう。このほかにもさまざまな物件がありますので、いろいろと確認してみることをおすすめします。

賃貸物件で注意すべき点

物件を賃貸で借りるにあたり注意するべき点はいくつかありますが、そのうちの一つに入居前に物件の状態をきちんと確認しておくという事があるでしょう。

例えば壁に落とせない汚れがある、フローリングや畳に汚れがある、壁紙が破けているなど、こういった点を何もせずにそのままにしておくと退去時にトラブルに発展する危険性もございます。入居前の下見の時点で担当の不動産屋さんか大家さんにきちんと確認しておく事が大事です。

その際、日付が残る形で写真を撮っておくなどしておいたらいざという時に役に立つかもしれません。短い期間でも一日の大半を過ごす事になるお部屋ですので、気持ち良く過ごせるよう注意が必要です。

賃貸でもおかしい物件がある

賃貸の場合は、いいところばかりとされている傾向もありますが、意外と問題が起きている物件も多くなっています。このような場合は、作られている状況によって問題が発生していて、これまで考えられている部分と違う要素が多くなってしまうのです。

基本的に訳アリとされている物件については、家賃がとても安いようにされていますが、逆に住みづらいようなイメージがあります。特にかなり狭いように作られている場所もあって、入ってみるとあまりにも狭いところで過ごしているような状況もあります。これは見学して確認しておかないと、賃貸で失敗する要素です。